アンティーク ダイヤモンド サファイア ゴールド クローバー スティックピン

19世紀後期頃製、ダイヤモンドとサファイアから成る
三つ葉のクローバーモチーフのスティックピンです。

葉の一枚は、ペアシェイプとマーキスシェイプを
合わせたようなユニークな形にローズカットを施した
ダイヤモンド。
ローズカットを構成する三角形のカット面一つ一つが
肉眼でもはっきりと分かります。

面積が大きく、また数も多いカット面に反射する光が
生み出す瑞々しく上品、かつ力強い輝きを眺めていると、
16〜17世紀に登場したこの古いカットが、現代でも
変わらず人々を魅了し続けている理由がよく分かります。

フラットな石の裏側はフォイルや金属で覆わず開放し、
セッティングには細く高さのある爪を使用。
正面からだけでなく横や裏、全方位から光を取り込み
際立つ透明感が、ダイヤモンドをさらに美しく見せるのです。

二枚の葉を象るオーバルシェイプのブルーサファイアも、
厚みのある質の良いものを用いています。
ダイヤモンド同様石の裏側をオープンにし、濃く鮮やかな
青にクリアで軽やかな印象を纏わせているのは、二種の
煌めきや存在感のバランスを考えてのことなのでしょう。

素材、デザイン、作者の技術やセンス、高いレベルで
全てが揃い初めて創り出される、大変上質な作品です。

現代製のキャッチをお付けいたします。

年代  1800年代後期
国   フランス(推定)
素材  ダイヤモンド ブルーサファイア ゴールド シルバー
サイズ モチーフ部約1.7cm×1.2cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。
      
型番 gj18031
販売価格
230,000円(税込)
購入数